2012年10月24日

ネットビジネス大百科 実践

和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科



和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

木坂さんと仕事をするようになって、そう思いました。

彼の勉強量・実践量は異常です。

まさに、狂ってるとしか表現のしようがないんです。

彼の部屋の写真を送ってもらったことがあるのですが、壁一面ビジネス系の資料で埋め尽くされています。

あの写真から少なく見積持っても、海外のマーケッターのセミナーDVD等はゆうに100枚以上、200ページ前後のマニュアルが50冊くらい、その他印刷資料が数千ページ(5センチくらいのバインダー25冊分ありました)・・・。

その他哲学や文学といったジャンルを含む一般書籍が2000冊以上、PDF形式のe-bookが200冊近くあり、音声ファイル等は1500時間以上聞いたと言っていました(日本で参考になるビジネス系の教材はないと言う事で、木坂さんは海外から教材を仕入れ、勉強しています)。

アウトプットでも、木坂さんのメルマガに書いてありましたが、4年間で3万5千ページ、文章を書いている。

そしてその知識とスキルを生かして、あらゆる業界で実践している。

ジャムの販売、手作りニットの販売、カー用品販売等から、英語、ネットビジネス、恋愛、ゴルフ等様々なジャンルの情報教材販売、コンサルティングファームのコンサル等、本当にあらゆる業界で活動しています。

最近では本場アメリカでもテスト的に情報販売を始めたらしいです(厳密には木坂さんではなく木坂さんの指示のもと、パートナーの方が実務を担当しているようですが)。

ひとつの業界で小さく成功して直ぐに「これでわたしは成功しました!その方法を今ならたった3万円で教えます!!」とか言っちゃっているイタイ人とは次元が違ったんです(比べるのも失礼な話ですが・・・)。

幸運にも、わたしはそんな木坂さんに早い段階で出会い、彼のアドバイスを受けることができました。

その結果、今までよりも圧倒的に少ない労働時間で、今までの何倍ものキャッシュをつかむことが出来るようになったのです。


和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

これは木坂さんが吐いたひとつの名言であり、真理です。

木坂さんと話していて凄いなあと素直に思ったことがあります。

新しい情報教材が出るたびにわたしは「この教材売れると思いますか?」って聞いていた時期がありました。

すると木坂さんは決まってセールスレターを5分くらい眺めてから、「1000万程度で終わるだろうな」とか「5000万超えるかもしれない」とか話してくれるんです。

それも、すごく具体的な理由とともに。

そして、驚く程その“予言”は当たります。

レターで何か問題があって、その問題は今の時期、この業界だとどのくらいの反応率に影響してて、それがいくらの損失に結びついて、みたいなことが、木坂さんは全てテストして「知っている」んですね。

だから、5分レターを見ただけで、どのくらいの売り上げが見込めるか、直ぐにわかってしまう。

そう言う事なんだと思います。


でも。

「レターを見ただけじゃ、その人が仕掛けているマーケティングまでは見えないでしょ?」

って思いませんでしたか?

わたしはかつて思いました。

そして、そっくりそのまま、木坂さんに聞きました。

そのときの答え。

余りにも衝撃的で、今でも一字一句記憶しています。


「マーケティング?そんなもん誰もやってねーじゃん。

フルマーケティングだかなんだか知らないし、ナントカマーケティングとかいろいろ言われてるみたいだけど、俺に言わせればきちんとしたマーケティングを仕掛けている奴何て、日本のネット界には一人もいないね。

皆無だよ、皆無。

ただ単にサイト作って広告打てば、それがマーケティング。

広告やSEO、SNS、ブログ、メルマガ、無料レポート、いろんなものを使えばそれがフルマーケティング。

メルマガでアフィリリンクを流せばそれがアフィリエイトマーケティング。
アフィリエイトで稼ぐ方法
B・A・K・Aバカなんじゃないかと思うよ、マジで。

やってることがお粗末過ぎて、相手する気にもならない。

だから、売り上げはレターだけ見てればほぼズレることなくわかる。

当たり前の話だよ。」


・・・マーケティングをしている人が皆無。


そんなことを、表情ひとつ変えずに、当たり前の口調で、まったく興味なさそうに言ってのける。

わたしは前から木坂さんのことを「ミュータント」だといろんな人に言ってきましたが、木坂さんという人をそのとき初めて少しだけ判った気がしました。

正直、木坂さんと話しているとこんなせりふがポンポンでてきて、聞いてるこっちが冷や冷やします(木坂さんと一緒に電車やバス等で移動したことがある人なら、一人残らずこの冷や冷や感を味わったことがあるはずです・・・)。

でも、オブラートに一切くるまないその過激な発言が、結構的を射ていたりして考えさせられたりもするんですけどね。

そんな木坂さんをなんとか巻き込んで、一緒に100人程度ですが直接指導する事で“真に合理的なビジネス”とはどんなものであるかを現在教えています。

しかし、わたしたちの時間の殆どを費やして指導しているとは言え、100人程度が限界。

ネット上ではいまだに・・・


>>更に詳しい内容はこちらから











ネットビジネス大百科

ネットビジネス大百科

ネットビジネス大百科

ネットビジネス大百科

和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科
posted by ネットビジネス大百科 at 18:51| ネットビジネス大百科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。